カートを確認する

Eventイベント情報

西川のスリープマスターが教える、 テレワーク中の乱れがちな生活リズムを整える“睡眠”のコツ



 

新型コロナウイルスの感染防止策として推進されるテレワーク。慣れない在宅勤務は、環境変化への戸惑いから生活リズムが乱れたり、様々なストレスが生じることがあります。通勤しているときと同じように、オン・オフをしっかり切り替え、 生活を送ることが大切です。さらに、健康的に過ごすためには、しっかりと規則正しい睡眠をとり、免疫力を高めることが 重要です。そこで、西川のスリープマスターがテレワークの日々を健康的に整える睡眠のコツと、おすすめの快適グッズをご紹介します。



《 朝 》 起きたらすぐに太陽の光を浴びる。


テレワークであっても、起床時刻は一定に保ちましょう。そして、しっかり朝日を 浴びることで、体内時計をリセットさせ、覚醒を促します。さらに、約15時間後に 眠りを導くメラトニンという睡眠ホルモンが分泌されます。朝と夜のメリハリをつけるためにも、朝起きたらまず、窓際またはベランダに出て大きく伸びをして 太陽の光をたくさん浴びましょう。




《 昼 》 眠くなったらお昼寝を。


生活の場である自宅での仕事は、普段よりも午後の眠気を感じやすくなる かもしれません。体内時計は「モーニングクロック」と「イブニングクロック」の 2つが備わっていると言われており、「モーニングクロック」が終盤に差し掛かる14時〜15時ごろに眠くなるのは人間の体のリズムとして自然なことです。 適度なお昼寝は、午後の業務効率アップにつながります。


〜 効率的なお昼寝 〜


・ タイミングと時間は、12時〜15時の間に15〜20分程度が最適です。
・ お昼寝の後は、適度に軽いストレッチを行い、身体を軽く動かしましょう。
・ 深い睡眠に入らないように、完全に横たわらず、座った姿勢や角度がついたイスなどで眠りましょう。


 

《 夜 》 眠る1時間前までには仕事をやめ、お風呂で体を温める。


自宅での仕事となると、オン・オフの切り替えが上手くできない場合があるため、オフの時間を意識する必要があります。 夕食、飲酒は早めにすませ、寝る1時間前までに入浴を行いましょう。深部体温が上がることで放熱が進みスムーズな入眠につながります。就寝直前までPCを使った仕事、スマホやゲーム、TVなどの明るい光を使用するとメラトニン分泌が抑制され、交感神経も昂り眠りの質の低下につながります。眠る前は、家族との会話、音楽、ストレッチやヨガ、香りなど、寝るための準備時間=オフの時間を確保しましょう。免疫力を高めるためには、良質な睡眠が欠かせません。そ のためのオフの時間をまずは見直してみましょう。

〈 一般のお客様からのお問合せ先 〉
西川株式会社 TEL. 0120-36-8161(受付時間:平日10:00〜17:00)
https://www.nishikawa1566.com/


 

〜 テレワークにおすすめな快適アイテム 〜



[エアーポータブル]クッション/L
椅子に敷くだけで、快適な座り心地を持続します





 



■ お昼寝専用ピロー「konemuri」
自宅のテーブルで快適にお昼寝して、仕事の効率アップ!






 




トップへ